コロナ禍での教室運営につきまして

コロナウィルスは、未だ猛威をふるっておりますが、私どもの教室として立ち止まるのではなく可能な限りの対策を立てながら、前に進んで行くことに致しました。

そのための対策として、

①空気を入れ替える換気機能が付いたエアコンの導入をしております。

このエアコンは、窓を開けるより効率的に教室内の空気を入れ替えております。また、このエアコンにはプラズマ発生機能がついておりましてウィルス等の感染予防に対しての効果が期待されています。


②オゾン発生器の導入

どこまでの効果があるかは分かりませんが、「オゾンによるコロナウィルスの不活性化実証」されたと、お聞きしましたので教室内にオゾン発生装置「エアフィーノ」を導入致しました。(病院や保育園で、使用されるところが増えています)


③その他、アルコールでの洗浄作業など徹底して行って参ります。

④教室の運営は行って参りますが、体調がすぐれない時はご参加を見合わせて頂ければありがたいです。

これからも大変なことがあるかも知れませんが、ひとりひとりが注意をし、皆で知恵を出し合いながら頑張って参りたいと思います。

和歌山小雑賀教室 金井 2020.12.25

 

2020年12月25日